« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月の14件の記事

2008年10月31日 (金)

里にも秋が・・・

今日で10月も終わりです。里のほうにも秋の装いが・・・
 湯沢の一里塚「槻の木」さんも紅葉
  まだ下のほうは紅葉していませんが
  葉っぱが落ち始めています。
  毎年思うのですが、近所の方の掃除が大変でしょうね。
  2008_1031_081450aa_2

 こちらはマルメロ(もしかして花梨?)
 2008_1031_081933aa
 
 柿の実もあちこちで・・・
 2008_1031_082056aa

 無人販売所では
 2008_1031_082042aa
 おとといは、すぐ食べられる(渋抜き済み)の
 柿が9個100円で売っていました
 あの時買えばよかった・・・

 南天
 2008_1031_082201aa

 ここ数日、天気が悪くて確認できなかったのですが
 気がつけば鳥海山もすっかり雪景色
 あらら、いつの間に
 2008_1031_084300aa

 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へにほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログへ

2008年10月29日 (水)

ブログのご紹介です。

じつは、以前より気になっていたブログがありまして、
  昨日の会合で、ご本人にお会いすることができました。

 湯沢市の旬の話題を綴られています。
  しかも毎日更新されていて私も見習わないと・・・

  日々の出来事や湯沢市の観光情報を発信されている、
  はた坊さんのブログです。  
    
   こちら
 
 「湯沢こまち塾」元事務局員の湯沢ナビ☆

 Yuzawanavi
 
 にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ

『花月』さん

久しぶりに『花月』さんで。
  お仕事関係の会合がありました。
 2008_1028_175800aa

とある理由で、撮影禁止だったのですが
  花月さんはエビスビールのお店でしたので
  やっぱり撮影・・・
 2008_1028_183514aa
 生ビール(エビス?)で乾杯

 小鉢は
 2008_1028_174846aa
 2008_1028_174852aa
 2008_1028_174927aa
 3品
 ★お魚はなんだただろう・・・ あとはチャンジャにめかぶともずく
 
 定番のサラダ
 2008_1028_175618aa 

 豪華お刺身の盛り合わせ・・・
 2008_1028_181716aa
 
  お鍋は寄せ鍋
 2008_1028_175327aa
  
 2008_1028_183858aa

 旬のさんまもおいしかったです。
 2008_1028_183913aa

料理も出てきたところで両関『銀紋』を熱燗で
 2008_1028_185222aa
 いや~ またしてもぐいぐいと行ってしまいました

 
  実は、両関酒造さんのHPには両関のお酒が飲める店として
 花月さんが紹介されています。

 この後、2次会3次会にも行きましたがこの日は
 意外としっかりしていて、へべれけにならずに済みました。

 ご馳走様でした~

 ■花月
   住所:秋田県湯沢市表町2丁目1−19
   電話:0183-72-3939

  地図

  にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へにほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ

2008年10月27日 (月)

『佐藤養助総本店』さんと稲庭うどんづくり(その2)

佐藤養助さんの続き。
  昼食を食べた後、稲庭うどん作りに挑戦

 まずは、手綯いの作業
 あらかじめ「小巻」まで準備していただいた
 原材料を綯っていきます。
 2008_1023_140533aa
 最初は、上手くできませんでしたが、
 慣れてくるとそこそこに
 (見た目はいいのですが、実際は・・・

 次は、これを1日置いたものでをローラーで伸ばす
 「つぶし」という作業
 (こちらも事前に準備していただいたもので体験)
 2008_1023_144044aa
 
 体験の最後は、「延ばす」
 2008_1023_145005aa
 (こちらも事前に準備していただいたもので体験)
 
 この後、事前乾燥~乾燥という工程を経て
 出来上がっていくのだそうですが、事前の乾燥の
 加減が難しいのだそうです。

 体験を通じて思ったことですが、意外と麺は丈夫
 (なかなか切れない)でした。
 これが、腰の強さなのかと納得、納得

  出来上がったうどんは、後で送ってくれる(送料別)
 とのことで、出来上がりが楽しみです。
 (私は近くのなので、引き取りに行くことにしています)

 ■佐藤養助総本店
   住所:湯沢市稲庭町字稲庭80
   電話:0183-43-2911

  
地図
 

  にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ

2008年10月25日 (土)

『佐藤養助総本店』さんと稲庭うどんづくり(その1)

県外の方を案内して、今月10日にオープンした『佐藤養助』総本店さんに。
  『佐藤養助』さんといえば日本三大うどんのひとつ、「稲庭うどん」の代表的な、
  製造元で県内外で食事処も展開しています。

 今回総本店がオープン。
 立派な建物が湯沢市稲川町に出現
  2008_1017_151144aa
 
 中に入ると売店があり、佐藤養助さんの稲庭うどんのほかにも
 「川連漆器」や地元の漬物やらが売っていました。
  2008_1023_134203aa
 売店の向かいのほうに食事処があって、こちらで昼食。
 今回は大奮発して、「味くらべ 天ぷら付き」
 2008_1023_131920aa_2
 冷たいうどんと、天ぷらに
 2008_1023_132406aa
 温うどん。
 つるつるしたのど越しが好きなので
 どちらかというと冷たいうどんのほうが好みです。

 さすがにおなかがいっぱいになりました。
 (ちなみにお値段は1,800円です)

 お店の奥のほうは工場になっていて、
 稲庭うどんの製造過程を見ることができます。

  「練り」と「小巻」の工程
  2008_1023_131051aa
 「小巻」したものを「綯う」
 2008_1017_150857aa
 行った時間にはその日の作業は終了していました
 (この工程を後ほど体験させていただきました)
 
  「乾燥」~「綯う」と「乾燥」の間に「つぶし」「延ばす」 
 という工程もあります。
  2008_1023_131354aa

  「選別」
  2008_1023_131516aa

 ここまで、3日くらいかかるとのこと
 (すみません正確な日にち聴いてませんでした)
 
 すべて手作業とのことです。

 このあと、稲庭うどんづくり体験をしましたが、
 続きはこの次に

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ

2008年10月23日 (木)

湯沢の紅葉(小安峡、泥湯、三途の川渓谷)

仕事で市内を周遊中に、紅葉の状況を撮って来ました。

 まずは小安峡
 2008_1023_152729ab
 最盛期まではもう少しでしょうか。
 今年は、寒暖の差があまりなく、暖かい
 気候が続いていて、全体的に色づきがイマイチのようです。

 反対側 小安峡温泉側です。
 2008_1023_152758ab_2
  橋の直下に大噴湯が見えます。
 2008_1023_152823aa
 大噴湯の湯気の温度で紅葉が遅いという説も 

続いて泥湯
 2008_1023_155703ab
 こちらは、終盤に近づきつつあります。
 天気がはっきりしなかったので、
 ちょっと暗い感じになってしまいました。

最後は三途の川渓谷
  2008_1023_162758ab_2
  こちらは今がちょうどよいころでしょうか。

  三途の川渓谷では、閻魔様が出迎えてくれます
 2008_1023_162934ab

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ

2008年10月20日 (月)

『ないろび』さん

湯沢雄勝では、今紅葉真っ盛り~
  ですが、諸事情により先週末も見に行くことはできませんでした。

  ということで、紅葉情報は『あきたファン・ドッと・コム』(秋田県観光HP)
  にお任せすることにします。

先週のお話で恐縮ですが、職場の飲み会を『ないろび』さんで。

  お店の名前から、アフリカ・ケニア料理?と連想しますが、
  ご主人が、海外協力隊に参加されたことに由来するとか
  (間違っていたらごめんなさい)
 2008_1016_182351aa

 2008_1016_182404aa

お料理はお魚中心で、一緒に行った方によると
  写真のとおり、カニ料理が評判のようでしたが・・・

 ちょっと具合が・・・

とはいいつつ、いつものとおり最初はビールで乾杯
  といったものの、写真がない・・・(撮り忘れてました・・・

 2008_1016_183404aa
 お通しはきんぴらごぼう。

料理の注文は「いわしのお刺身」から
 2008_1016_184014aa
 とろサンマでした 

 続いて、食生活が偏らないようにサラダを
 2008_1016_184043aa
 って、このあと飲むお酒の量を考えると全くバランスが
 とれないのですが。

 これは・・・
 2008_1016_185143aa_2
 厚揚げも頼んでいましたね・・・

 お腹がすいた方に
 2008_1016_185347aa
 たこから揚げと
 2008_1016_190935aa
 鳥から揚げ

このあたりで、日本酒が登場
  たしか、地元『両関』かと
 2008_1016_190724aa

 お酒に合うのは串物でしょう・・・
 2008_1016_191413aa

日本酒以外の飲み物がいいという方に焼酎を。
  このブログでも何度も登場した、
 きく芋焼酎「太陽の花」
 2008_1016_191943aa_3
 戦後の食糧難の時代に、お米の代わりに
 きくいもを使ってお酒を作ったということで
 その、きくいもが復活しました。

 お味は賛否両論ありましたが、私は好きです。
 芋焼酎なので、お湯割りでおもいっきり香りを
  出したほうがいいのかな?

  ということで、こちらが苦手な人はさらに「米蔵」を注文(写真なし)。
 こちらは、「あきたこまち」を原料に、湯沢の名水「栗駒神水」を
 使用した焼酎の一品
 たしかにこちらのほうが秋田の人には飲みやすいかも
 きく芋焼酎「太陽の花」「米蔵」と同じ地元秋田県発酵さんのお酒なんですが。

ということで、『ないろび』さんですっかりご馳走になったあと、
  串焼きやさんとラーメン屋さんをはしごしたそうです。

  「そうです」というのは本人に記憶がなかった・・・


 飲みすぎには気をつけましょう


■ないろび
  住所:
湯沢市表町3丁目1−18
  電話:
0183-72-5636
 地図

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へにほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ

2008年10月15日 (水)

誕生1周年のお祝いと「きりたんぽ」&「だまこ」鍋

息子が満1歳の誕生日を迎えたので
 かみさんの両親も招待して
  私の実家で一升餅を背負わせてお祝いをしました。

はじめはお餅を前に、ぺたぺたと手で叩いて
  喜んでいたのですが・・・
 2008_1011_170705aa

いざ餅を背負わせたら・・・
 2008_1011_171255ab

やっぱり重かったのか・・・
 2008_1011_171319ab_2
  大泣きしてしまいました。
 一歳だと歩ける子供もいるみたいですが
 うちの子はまだ、つかまり立ち~歩きの段階。
 でもこれで、元気に育っていくことでしょう

お餅を背負わせた後は、みんなで食事。
  近所の食堂から料理をとってお祝い
 2008_1011_173825aa
 
  こちらは、だまこ&きりたんぽ鍋
 2008_1011_173839aa
 秋田といえばきりたんぽ鍋が有名ですが、
 私の生まれた地域はきりたんぽ鍋ではなく、
 本来は「だまこ鍋」です。
 「だまこ」はご飯を半殺しにして、直径4cm位に 丸く握ったもの。
 きりたんぽよりも煮崩れしにくいです。

  他の具はほぼ一緒ですが、家庭の味で
 お店で出されるようなハイカラなスープではありません
 もっと濃厚(というかどろどろ系?)
  子供の頃からこの味ですね~

 この日は奮発して比内地鶏を使用したとこことです。
 ちなみにだまこは家の田んぼでとれた新米の「あきたこまち」

 2日目のだまこやきりたんぽが煮崩れした
 もっとどろどろした鍋がうまいですね・・・
 で、前の日の残りを次の日の朝から食べます(笑)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ

2008年10月11日 (土)

栗駒山の紅葉が見頃

昨年も同じような記事を書いた気もしますが・・・
  今年も栗駒山の紅葉がピークを迎えました。

  10月8日、秣岳から栗駒山まで縦走したのですが。
  残念ながら天気がよくなかったです。
 2008_1008_130049aa
  頂上はほとんど景色もなくガスがかかっていて残念。
  昭和湖までおりてくると、ようやく景色が見えてきました。
  まだ、はっきりしませんね。

 2008_1008_131059aa
  こちらは、地獄谷付近から見た紅葉です。
  2008_1008_130952aa
  ちょうど虹が架かっていました

 2008_1008_131935aa_2
 
 こちらは名残ケ原湿原
 2008_1008_133736aa

  栗駒山荘付近からイワカガミ湿原方向です。
 
 2008_1008_141308aa
 
 イワカガミ湿原からの紅葉
 2008_1008_143332aa

 紅葉の見ごろは今週末ころまで、
   この後は、小安峡、泥湯、秋の宮、三途の川渓谷
   など里山に見ごろが移ってきます。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ

2008年10月 8日 (水)

シラタマノキ湿原(泥炭層)

栗駒山荘さんへの泊まった翌日
  須川高原にあるシラタマノキ湿原へ
 2008_0930_094254aa
  湿原というよりは、池のような感じですが
  水辺の風景がとてもきれいです。

 2008_0930_094121aa
 2008_0930_094702aa
 2008_0930_094712aa

名前の由来となっているシラタマノキの群落も
 2008_0930_095147aa
 2008_0930_094735aa
 その名のとおり白い玉の実がつくから?
 実をつぶすとサロメチールのにおいがします。
 不思議な感じです

 

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ

2008年10月 7日 (火)

『栗駒山荘』さんその3(朝食編)

朝風呂でさっぱりした後は、お楽しみの朝食です。

  レストランの様子
 2008_0930_063834aa_2

朝食は、決まったメニューとバイキングの組み合わせでした。
  バイキングは
 2008_0930_075205aa_2
 きまったメニューは
 岩魚の一夜干し
 (多分こちらも地元手づくり工房しらたきさんの)
 2008_0930_075508aa_3
それから
 2008_0930_075513aa_2
 素朴な感じです。

バイキングで持ってきたのものは
 2008_0930_075516aa
 山菜の煮物やら東成瀬村特産!桃太郎トマト
 (2個食べてしまった)

全体はこんな感じで
 2008_0930_075538aa
  ご飯は秋田県産あきたこまち
  ホテルの人に聞いたところ、お客さんから
  ごはんがおいしいと言ってくれるとのことでした。
  うれしいですね~(こちらも2杯おかわり

デザート・ドリンクですが
 2008_0930_081841aa
 牛乳は「栗駒フーズ」さんの栗駒高原牛乳でした。
 それからトマトジュースですが、生トマトジュース
 無調整、無塩ということで、こちらも東成瀬村特産
 桃太郎トマトのジュース(と推測されます)

 で、フルーツにかけたヨーグルトですが、
 こちらもたぶん「栗駒フーズ」さんのヨーグルトでしょう。
 (推定ばっかりでごめんなさい)

  ということで地元の食材をふんだんに使った
 おいしい朝食でした。

 ごちそうさまでした。

■栗駒山荘
 住所:東成瀬村椿川字仁郷山国有林
 電話:0182-47-5111

 地図
 ホームページ

にほんブログ村 地域生活ブログ 秋田情報へ

2008年10月 5日 (日)

栗駒山荘さんその2(お風呂篇)

『栗駒山荘』さんといえば、標高1,100mから眺める
  展望露天風呂が有名ですが、

  宿泊の利点を最大限利用して、
  天気の安定している景色と、利用客の少ない
 早朝をねらって、

  朝風呂に・・・
2008_0930_060443aa_3
  お風呂入口です。

脱衣所は
2008_0930_060930aa
  こんな感じ

さらに、洗い場ですが
2008_0930_060855aa

早速展望露天風呂にGO!
2008_0930_061754aa
  お風呂と向こうに見えるのが秣岳
 で、角度を変えると
  ジャジャーン!!
2008_0930_060722aa
 
鳥海山が展望できます。手前に広がるのはイワカガミ湿原です。

望遠してみましょう。
2008_0930_060731aa
2008_0930_061636aa_2
  セルフ撮影で
2008_0930_062549aa_2
  昨日のお酒もすっかり抜け
  気分爽快です。

ちなみに内風呂は
2008_0930_061516aa
 こちらからも展望できます。

(つづく)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ

2008年10月 4日 (土)

『栗駒山荘さん』その1(夕食篇)

湯沢雄勝応援企画ということで、
  今週頭、『栗駒山荘』さんに宿泊しました。
  さすがに紅葉シーズンは宿泊が埋まってきているようですが
  日帰りのお客さんがかなり減少しているとのこと
  直前の平日ということで、宿泊することができました。

夕方到着して、部屋からの景色
  部屋には大きな1枚ガラス~鳥海山方面をのぞむ借景画です
2008_0929_163553aa_2













しばらくすると、夕日が落ちてきまして・・・
2008_0929_180158aa











 ちょっとわかりずらいのですが、鳥海山のシルエットが
  (残念ながら雲に隠れてしまってます。本物はもっときれいでした・・・)

一風呂あびて、お楽しみの夕食に。
  本日のお品書き
2008_0929_180946aa










 
  9月のメニュー、順番に紹介していきます
2008_0929_181037aa











  ビールで乾杯(本日は5名様)しましたが、食前酒の山葡萄酒も
2008_0929_181155aa_2













  あまりお酒の強くない方にも食前酒としてお薦め
前菜はこんな風にででてきました。
2008_0929_181014aa











さわもだしあちゃら 岩魚卵 菊
  あちゃらとは?
2008_0929_181605aa











 ペルシャ語の漬物の意味に由来?
  さわもだしは春秋ともに食べられる
 定番のきのこですが、岩魚の卵(黄色いやつ)は珍味?ですね。

厚揚げ田楽
2008_0929_181539aa_2











ミズの実生ハム巻きと根曲竹マヨ味噌焼
2008_0929_181639aa_2











 秋田の食材を工夫して使ってますね・・・

ぜんまい玉子豆腐 まつたけ 三つ葉と舞茸ごはん
2008_0929_191810aa











岩魚刺身 きくらげ 水前寺のり
2008_0929_181131aa











 岩魚を食材とした料理が多く登場しますが、きっと地元の
  手作り工房「しらたき」さんの岩魚にちがいない

飛龍頭 もみじ南瓜 いんげん おろし生姜
  「飛龍頭」でがんもどき・・・読めませんでした
2008_0929_181458aa











岩魚の朴葉焼 いなほ はじかみ
2008_0929_184858aa













  いなほに季節感を感じますね~
2008_0929_185001aa











地鶏の山菜巻き 紅葉ソース
2008_0929_182735aa











  山菜はフキでした。

秋田といえば「きりたんぱ鍋」
2008_0929_181526aa











さらにさらに 赤きのこ と オクラ味噌漬け
2008_0929_181118aa_2











最後のデザートは富有柿ゼリー
2008_0929_193545aa











結構ビールもいただきながらの食事でしたが、
次から次へと盛りだくさんの料理。
  地元~山の食材に季節感あふれるメニューで
  大大大~大満足でした。

(つづく)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ

2008年10月 1日 (水)

『慶(よろこび)』さん

最近送別会が多いのですが
  昨日、またしても送別の宴

10月から異動する同僚が秋田市へ戻るので
  見送りを兼ねて駅前の「慶」さんで。

「慶」さん、純和風居酒屋です

生ビール、丸っこいちょっと可愛いジョッキでいただきました
(写真ではわかりませんね・・・
2008_0930_180616aa_2











居酒屋に来るとモツ煮込みと串焼きが
  なぜか食べたくなります。
2008_0930_180750aa











2008_0930_182606aa













ボリューム系はとり唐とイカげそ唐を
2008_0930_181833aa











2008_0930_181636aa











女性に受けそうなメニュー
  いもまんじゅう~
2008_0930_184603aa_2












中を開けると、とりそぼろが・・・


2008_0930_184925aa












最後は多分、ここの名物の
  (勝手に名物にしてるかもしれませんが・・・)
2008_0930_191304aa












ふっくらふわふわ「だしまきタマゴ焼き」
  おしかしったです・・・


ということで撮影なしですが、
  しっかり日本酒(「両関」)もいただきました。

  ごちそうさまでした


■慶
  湯沢市

秋田県湯沢市表町2丁目3−1
  電話:
0120-72-4652
  地図
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 秋田情報へ にほんブログ村 酒ブログ 酔っ払いへ

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ジオターゲティング

  • ジオターゲティング

    ジオターゲティング

最近のトラックバック

無料ブログはココログ